ウォーターサーバーの電気代が表示価格よりも高いのはなぜ?

ども、ウォーターアドバイザーの水丸です(o’∀’)ノ

 

メーカーの言っているウォーターサーバーの電気代より、実際支払っている電気代が高いのはなぜか?

 

その疑問について私がお答えします!

 

l_060

 

ウォーターサーバーの電気代って、

 

ちょっと怪しいです。

 

 

最近気が付いたのですが、どうも実際に払っている料金は・・・

 

 

もうちょっとだけ高い気がします。

 

 

車の燃費と同じように、「最小限の条件の下で計測した消費電力」が表示されているように思えます。

 

 

ちなみに車の燃費ですけど・・・

 

最も安定した道路を選び(サーキット?)、ドライバーはもちろんプロのドライバーを使って計測するそうです。

 

 

まあ、そうしないと他社メーカーと計測でムラが出てしまいますからね。

 

 

これはウォーターサーバーのメーカーも同じだと思います。

 

 

各家庭で温水の使用頻度はかなり違います。お茶やコーヒー、カップラーメンにも温水を使う家もあれば、冷水しか使わない家もあります。

 

温水を使い切ってしまえば、当然また温水を作らないといけないので、消費電力は大きくなります。

 

 

では、各メーカーは温水の使用頻度はどれくらいを想定しているのでしょうか?

 

 

ここからは、私の勝手な想像なので合っているかどうか分かりません。それでも良ければ読んでみてくださいね。

 

 

ウォーターサーバーの電気代は、温水代を省いている!?

 

私の仮説ではですね・・・

 

温水を使わないものとして、各メーカーは考えているのではないでしょうか?

 

なぜかというと・・・

 

A社では、温水使用頻度は全体の20%だろう、と想定するとします。

 

でも・・・

 

B社では、いいや、温水なんて10%くらいしか使わないだろ?と想定するかもしれません。

 

 

そうなってくると、メーカー同士で電気代のズレが出来てしまうと思うんですね。

 

もしも、ウォーターサーバー業界に組合みたいなのがあって、

 

「温水の使用頻度は全体の20%という事にしましょう。」

 

みたいに決まっていれば話は別ですが、そんな組合は今の段階ではないでしょう。

 

 

じゃあ、どうすればいいか・・・・?

 

 

そう、温水は使わないという設定 です。

 

 

そうすれば、どのメーカーも公平に消費電力が表示出来ます。ていうかその方法しかないように思えます。

 

私の勝手な想像ですけどね(笑)。

 

 

車の燃費もカタログでは、リッター30kmとなっていても、実際乗ってみたら

 

 

20kmしか走らない!

 

 

という事はよくあることです。

 

道路の状態も違うし、通勤で使うか買い物だけに車を使うのかでも、かなり燃費は変わります。びっくりするくらい。

 

そしてドライバーの運転技術やクセも、個人差がありますよね。

 

 

だから、ウォーターサーバーの電気代も、各家庭でバラバラです。家族の人数も違うし、ニーズも違うんですから。

 

ですので、公式ホームページの安い表示も仕方の無い事なのかもしれませんね。

 

 

結論・・・・

 

 

ウォーターサーバーの電気代は、実際にはもっとかかります(笑)

 

 

参考にしてみてくださいね(o’∀’)ノ

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る


水丸の「天然水ウォーターサーバー」おすすめベスト3

第1位 フレシャス
 [商品レビュー]


 水の美味しさ、デザイン、機能性、安全性、全てを圧倒する管理人が1番お勧め出来るブランド。


 月額の最低価格4668円~


 唯一のデメリットは少々値段が高い事。しかし全ての面で他社メーカーを圧倒しているので、妥当な価格とも言える。


 無菌エアレスパックとフレッシュ機能で、ウォーターサーバーの衛生問題を解決。契約後のサポートも評価が高い。


富士山の恵みから生まれた天然水【フレシャス】

第2位 うるのん
 [商品レビュー]


  富士の天然水として地元住民に古くから愛用されてきたブランド。放射能検査が月2回。安全管理は徹底している。



 メンテナンス3年に1回(無料)。月額の最低価格3800円~


  無料の医療相談もあり、赤ちゃん~幼児のいる家庭にも〇


  デメリットはボトル交換が重い事。


 上場企業で宅配水メーカーでは老舗のトーカイ。安心感はピカイチ。


おいしい水の贈りもの うるのん

第3位 クリクラミオ
 [商品レビュー]


  上場企業で宅配水シェアNo.1メーカー。安心のメンテナンス1年に1回。


  1本から注文可能な為、月額の最低価格1600円~(メンテナンス無料)一人暮らしならこれで決まり。


  家族の水の消費量に合わせて1本づつ追加注文出来るので自由度が高く便利。


 デメリットはやや古いデザインと、放射能検査が曖昧。


 ボトル1本から注文出来る為、ハードルが低く、初めてのご家庭にお勧め出来る。


ノルマも安心!クリクラミオ

水丸の「RO水ウォーターサーバー」おすすめベスト3

第1位 クリクラ



 [商品レビュー]


 上場企業で宅配水シェアNO.1メーカー。メンテナンス1年に1回で衛生面は完璧。


 月額の最低価格3150円(税込み)24リットル。


 デメリットはやや古いデザインとボトル交換が重い。


 解約手数料0円。はじめてウォーターサーバーを使う家庭に1番お勧め。(天然水にこだわりが無ければ。)



お客様満足度5年連続No.1!【クリクラ】

第2位 アルピナウォーター
 [商品レビュー]


 上場企業でメンテナンスは2年に1回。衛生面はOK。



 確実に36リットル以上の水を消費するなら、業界最安値メーカー。


 月額の最低価格は約3686円(税込み)だが、36リットルもある。


  ハワイウォーターと同じ会社だが、同じRO水で料金は格安なので、アルピナを選ぶべき。


 デメリットはやや古いデザインと、ボトル交換が重い。


 36リットル以上水を飲むならクリクラよりも安くなるので、家計が心配な場合はアルピナで決まり。


おいしい水のアルピナウォーター

第3位 CoolQoo(クールクー)
 [商品レビュー]


 水道直結型で料金が「定額制」。メンテナンス1年に1回で衛生面は完璧。


 ご自宅の水道水をRO水にする為、費用はサーバーレンタル料のみ。


 デメリットは解約金が高め、解約時に取り外す際にも費用がかかる。


 長く使うなら、解約金と取り外し費用を入れてもかなり格安で利用出来る。



「CoolQoo」クールクーの徹底レビューはこちら。

コメントを残す